みなさん、こんにちは。
『医農野菜の会』食育担当の深山です。
いつも医農野菜をご支援頂きまして、ありがとうございます。

みなさん、脳を快適に働かせるような工夫をされていますか?

脳が快適にはたらけば、頭脳明晰となり、知能が高まる。気分も良く、生活も楽しい。

当たり前のことだと思うのですが、以外に考えずに気にせず、好きなように食べている方が多いようです。
私たちは、毎日食べるものによってできているし、健康長寿は万人の願いだと思うのですが・・・・。

例えば、白砂糖が知能に悪い影響を与えることが、報告されています。

マサチューセッツ工科大学のアレックス・シャウス教授が、子どもたちを白砂糖の消費量別に五群に分けてIQを比べたところ、白砂糖の消費量の一番高い群は一番低い群よりもIQが25%も低かったと記しています。

また、アメリカではアルツハイマー病患者数は2007年には510万人。日本では2008年に140万人と推計され、高齢化が進むにつれ、患者数が急増します。あのレーガン元アメリカ大統領も晩年はアルツハイマー病で過ごしました。

実は、週に一度でも魚を食べる習慣のある人は、まったく食べない人にくらべて、アルツハイマー病の発症リスクを半減できることがわかっています。

102歳でお元気に活躍中の日野原重明医師は魚が大好物だとうかがっております。

脳の大部分は脂肪でできています。そう、ヒトの脳は水分を除けば60%が脂肪でできているのです。
さらに、子どもの脳は毎日成長し大きくなっています。成長に必要な脂肪の量も多い。とりわけ、必須脂肪酸が欠かせません。

必須脂肪酸とはオメガ3とオメガ6のことです。
アレルギー、ぜんそく、湿疹、感染から守るはたらき、脳を健やかに育てるはたらきがあります。

必須脂肪酸が不足すれば、うつ、多動、自閉症、記憶障害、誤った行動などを引き起こしやすくなる。
不足すると、脳神経のケーブルを伝わる電気シグナルが漏電し、情報の伝わるスピードが落ち、頭の回転が鈍くなる。

オメガ3とオメガ6の比率は、1対1が望ましいのですが、現在オメガ3対オメガ6の比率は、日本人は1対4。アメリカ人、イギリス人は1対20~30となっています。

アメリカ人やイギリス人はオメガ6が大過剰、オメガ3が少なすぎです。

今、アメリカやイギリスではアルツハイマー病が爆発的に増えていて、その原因の一つがオメガ6のとりすぎであると研究者によって指摘されています。

オメガ6は、コーン油、ダイズ油、ベニバナ油、ヒマワリ油などの植物油に多く含まれます。これらの植物油の摂取を減らすべきです。代わりに、オメガ9のオリーブ油を使うのがよいようです。

最善の策は、オメガ3を積極的にとることです。

オメガ3の代表は、α―リノレン酸、EPA,DHAです。

通常、一人当たり1日300~400ミリグラムのEPAやDHAを必要とするようですが、学習障害や心臓病などの問題を解決するには、2~3倍とるのがよいようです。
私の属している教育スクールでは、実際EPA,DHAを多くとることをお勧めしています。実際、体質が変わり、確かに障害が改善しています。

EPAやDHAは、イワシ、サバ、サンマ、アジ、ブリ、マグロ、サーモンなどの青魚に多く含まれています。植物ではシソ油やアマニ油に含まれています。

料理の味は油によっても大きく異なります。毎日とはいわないまでも、オメガ6以外の必須脂肪酸を含む油を使ってみるのはいかがでしょう。一味違ったステキな料理となるかもしれません。
また、青魚は生野菜との相性が良い場合が多いです。サラダの彩りに食べてみてください。

食べ物を変えれば脳が変わる。脳が変われば人生が変わる。
2013年もあと一ヶ月、幸せな1年となりますよう、ではまた次回。